Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/htdocs/index.php on line 68

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/GlobalConfig.class.php on line 294

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/Controller.class.php on line 153

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/LogFactory.class.php on line 116

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/DIContainerFactory.class.php on line 76

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/DIContainer.class.php on line 184
SAWA Vol.3 遥かなる時代 - かしわーど・柏ミニ文学賞

リンク集

◆オガコムジャパン・ホームページ
インターネットのオガコムジャパン
◆朝寝・朝酒・朝湯が大好きブログ
美味しいお酒と朝ごはん
◆完熟苺・くらもち観光農園のサイト
◆シンガーソングライター・とっとの日記
◆ツイッター・かしわーど公式アカウント
 
◆マヌエル洋平のブログ
◆柏SNS
柏SNS

本サイトは、国立情報学研究所が
提供しているNetCommonsを用
いて構築されています。
NetCommonsは国立情報学研究所
の登録商標です。
 
NetCommons 

携帯はこちらから

携帯はこちらから
 
携帯はこちらから
ご利用ください

ご来場者数

COUNTER290507

オンライン状況

オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人

言語選択

言語の選択:
SAWA Vol.3 遙かなる時代、そして辿りつく今      RegNo.0021
タイトル: 「SAWA Vol.3 遙かなる時代、そして辿りつく今」
ジャンル: 小説
 
 
 
 
 
 
プロローグ
 
 木村沙和 中堅の文具メーカーに勤める25歳のОL。いつ頃からだろう。沙和の脳神経に時折スイッチが入るようになった。これが入ると、沙和は夢をみる。はっきりとした、ブレの無い完璧に整合性のある夢だ。
  時空間を超えて沙和は飛び、そこにもともと「いる人」として、周囲から認知されている。ただ、年齢はそれぞれでも、沙和の本質は変わっていない。感性も記憶もそのままに、「夢の中にいる」ことを知っている。そして辿り着いた「その世界の状況」をすっかり把握した状態で、夢に飛ぶ。そこにいる「沙和」を演じる、ということなのか。
 最初、沙和は自分がどうしてこんな夢を見るのか悩んだ。検査をしても異常は無い。時と場所を問わず、フッと目の前の場景に一枚ガラス板が入ったようになり、周囲の音のボリュームが少し落ちるのだ。そしてちょっと胸がドキドキして・・夜、夢をみる。
 最近はあまり気にならなくなったが、あの不思議な感覚。「ご案内」が届くと、うっすらと汗をかく。
 
 流れは塵と共に
                *河原者の説明は文末に記載
 ページをめくる沙和の手が止まった。エスニック系のサンダルが欲しいなとか、グルメ情報は変わりばえしないなとか考えていたら、ふとステモのセールそろそろかな、と頭をよぎった。帰ろうと思いながら、ついずるずると……そしていつもだったらあまり目を通さない、その手の記事のところで手が止まった。
 愛新覚羅ー川島芳子の生涯

中世 農家の娘 日本

 農家の朝は早い。
 都からは程遠く離れた村。それでも小さいながら市も立つし、行商の旅人が少なからず行きかう山あいの農村。
 かまどに入れる木ぎれを納屋に取りに行く。昨夜の雨も上がり、新緑の匂いが空気を包む。人の気配を感じてふっと目をやると、朝もやの中で舞う女がひとり。桔梗・・・水干を身に着け白拍子の流れを汲むという舞手。桔梗が舞うと、桜も吹雪くという。美しい。姉の舞手、葵とは異なった美しさを持つ。旅の歌人は葵を三ヵ月と詠んだ。
 「誰? 」
 「あっ! 」
 「さわ・・・か? 」
 「こんな時分から桔梗は稽古か? 奉納は済んだというに・・・」
 何を今更、と言いたげだ。右頬の下から顎にかけて、遠目にはわからない、うっすらと青いあざがある桔梗の顔が、かすかにほほえんだような気がしたが。
 「わたしも葵も、舞いたいと思った時はいつでも舞う。たとえ金にはならずとも舞う。通りすがりの誰かが見ていて、請われれば御の字じゃ。舞手と遊女は紙一重。それゆえ、さわではいささか役不足」
 冷たさが漂う桔梗の言葉にわたしはとまどった。
 「我らのような者は皆似たりよったりじゃ」
 舞手の血・・・運命か・・・
 それ以外にどうやって生きる? じっと見つめる桔梗の目が、そう言っているようだった。

 それから程なくして、桔梗が消えた。
 天狗に連れ去られたのを見た者がおる。
 いや、足を踏み外して川に落ちたそうだ。
 まさか、河原者が川に喰われたか。
 桔梗の舞が見れんのは残念じゃ。
 今年は雨の具合もちょうどいい。秋の実りを楽しみにせっせと田畑を耕す。
 「のう、さわ、足も腰も痛うてかなわんが、明日の身もわからぬ河原者を思えば、百姓はまだ幸せじゃ。葵も不憫よのう」

 気が付くとわたしは山の中にいた。何かに導かれるように山の中を歩いていた。桔梗と、別れ際にかわした言葉が気になって仕方なかった。
 「それが舞手の血か? 」と尋ねたわたしに
 「血・・・血が運めを決めるのなら、わたしは運めにあらがって生きるしかなさそうじゃな。」
 「ふふふ」 桔梗は言いながら確かに笑っていた。
 風の思うままに木々が揺れる。月は明るさを失わない。ふっと気配を感じて身を硬くした。その背中に響く声。
 「桔梗は自ら流れた」
 天狗! いや山伏か・・・どちらでもよい。怖くはなかった。
 「何処へ? 」「何故? 」わたしは桔梗の舞、いや桔梗自身に惹かれていたのか・・・
 「西へ。鎌倉から都へ幕府が移った今、その方が身入りがいいと考えたのじゃろう」
 「葵ひとりを残してか。母者が死んだばかりだというに、たったひとり姉を残してか! 」
 「桔梗は傷を負った侍に、山で捨てられた子じゃ。それをわしが拾って、死んだ京に託した。もし畑の中に捨てられていたら、おぬしのように百姓の娘として育っていただろうに」
 それじゃあ・・・桔梗の顔が浮かぶ。わたしの言葉に、ふふふ、と笑う桔梗の顔。
          血 は 血   運め は 運め
         カワラモノ と呼ばれる美しい舞手の桔梗

 「葵はどうする! 」
 「アレはアレで、自らの身を考えるじゃろう。もともと、桔梗と離れた方が良いと思っていたのは、葵の方じゃからな」 「舞うだけでは食っていけぬ。葵一人では身が立たぬのは承知の上で桔梗を離した」
 月がかすむ。やがて雲が動くまで。
 「葵は男じゃ」

 どれ程立ちすくしただろう。
 愛情も意地も塵のように崩れ、やがてのみこまれる。
 時代は流れ、やがて差別が制度として組み込まれる社会がくる。成熟したはずの現代になってもなお、その影を引きずる。
もう一度読み直してみようと沙和は思った。時代に踊らされたのか。さからって生きるすべは無かったのか。何が運命を決めたのか。
 愛新覚羅ー川島芳子 
 河原者・・・もともとは、河原に住み着いた貧しい者のことを意味した。そこから生活のために、技術を身に着けたが、それが河原者の職業として定着し、その職業に就く者の蔑称として使われるようになった。文化、芸能の担い手も多くが含まれた。ただ、中には小作農に戻る者や、腕をかわれて富裕層の元へ出入りする者など、流動的な面もあったといわれる。
!!
 
  旅の終わりへ
 
今までたくさんの不思議な夢を見てきた沙和
 いったい何があったというのだろう
 いったいどんな意味があったというのだろう
 
 特別なことなど何も無い
 ごく普通のどこにでもいる普通の女性
 あなたのようでもあり
 わたしのようでもある
 たくさんの夢はたくさんの旅物語
 時間を超え見てきた世界は
 歴史の歯車の中ではほんのささいな点のような風景
 それでも沙和は体感した
 擬似体験といえども体感した
 夢からさめてもそれは憶えている
 自立 差別 恋愛 戦争 生き方
 どれも間近でそれを見て
 沙和なりの感性で解釈してきた
 静かに
 そして確かに沙和の心に刷り込まれていった
 何故?
 誰にでもある事なのか
 そうかもしれない
 形は違っても耳にしたり目にしたり本当に経験したり
 それが単に「夢」だっただけなのかもしれない
 沙和…沙和…
 ほら呼んでる
 あなたを呼んでる
 この物語のもうひとりの主人公が…
 
  わたしのSAWAへ
 
コツン、クルッ、パタパタ
 「元気に動きまわっているわね、あなた」わたし達の大切な宝ですもの……いつまでも
 「沙和、沙和」わたしは沙和を呼ぶ。
 「……お、かあさん?」沙和の声が聞こえた。
 「ふふ、びっくりした? 」
 「ここは一体どこ?なんかザーザーって聞こえるけど……何でお母さんの声が聞こえるの! これは何なの」
 沙和が慌てるのも無理は無い。今までとはまったく違った世界、実態のわからない世界に飛んだのだから……
 「松ヶ崎の家、沙和、今あなたはわたしのおなかの中にいるのよ、まだ生まれていない赤ちゃんなのよ」わたしは心の中で話しかける。
 「まったく何ヶ月ぶり?ここに帰ってきたのは」そう言ってわたしは笑った。
 「……」
 「びっくりしちゃったでしょ、今までも恐い思いや切ない思いいっぱいしてきて、今度はわたしのおなかの中なんだから……ごめんね」
 「おかあさんだったの?今までの夢……」
 「驚いた? 」
 「驚いたって、ちょっと待ってよ!訳がわかんない、超能力じゃない!」
 「ハハ、まさか!だからホントにごめん」わたしもどう答えたらいいのか、よくわからない。
 「あのね、あえて言うなら、わたしの気持ち、かな……わたしが沙和に見せておきたかった事、伝えたかった事、話してもわからないけど、見れば心に残るような、そんなわたしの思いなの」
 「でも……」沙和は半信半疑だろう。
 「どっちにしたってほら、これも夢なんだから、ね」
 「そうか、そうだね、まぁいいか」
 沙和は夢の世界で、多くの経験をした。それらのひとつひとつが彼女に刷り込まれていった。それがこれからの人生にどう影響を与えるか、それは、その時々において沙和が考え、判断することだろう。親の願いはただひとつ、子供の幸せだ。ただただ愛しく、大切な命……
 「おかあさんごめんね、あんまり帰ってこないで……近いのに」
 「たまにね、たまに顔見せてくれればいいのよ」
 「それに、やっぱり地元はいいものよ、大きく変わるもの、変わらない場所、ほら、やっぱり憶えていたいじゃない」
 「確かに柏の街が知らない間に大きく変わったら、知らない場所みたいでいやかな」さすがに沙和はしんみりと答えた。
 「そうでしょ、それが地元の愛着よ。沙和は、ここで生まれてここで育ったんだから」
 「ねえ、おかあさん、おとうさんは? 」
 「ここに居るわよ、おとうさんわたしのおなかに手を当てて、嬉しそうにしてる」
 「あ、もしかしたらこれかなぁ……なんか光がうっすら射してて、あったかい」
 「きっとそうよ、まだ名前もないから、あかちゃんっていいながら…よくこうしているのよ」
 「そうなんだ、おとうさん結構厳しいから、なんか、なんか……」
 「あなたのおとうさんだもの、それにわたしはおかあさん」
 何があってもそこは変わらないわ……あなたのふるさとが柏であるのとおんなじよ……
 
 「おかあさん」沙和が言う。
 「なぁに、沙和」
 
エピローグ
 朝、『北柏幼稚園』と書かれたバスが園児を乗せて、家の前を通り過ぎた。
 沙和の母は洗濯物を干しに、庭に出た。
 片隅に赤い彼岸花が少し咲き始めている。
 なぜか胸がいっぱいになり、空をみあげる……そこに懐かしい両親の面影を見たような気がした。
 
 
author: Kaori Yoshida
registration No. 0021
application date: 30 August,2009
published date: 31 August,2009

新規登録 | サイトマップ | このサイトについて | 個人情報について
かしワード・柏ミニ文学賞実行委員会
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/DIContainerInitializerLocal.class.php line 42
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/ComponentLocatorFactory.class.php line 77
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/UniFactory.class.php line 167
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/UniFactory.class.php line 194
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/nccore/ActionExtraChain.class.php line 91
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/nccore/ActionExtraChain.class.php line 100
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/ActionChain.class.php line 140
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/ActionChain.class.php line 149
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/nccore/SmartyTemplate.class.php line 267
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/FilterChain.class.php line 132
[PHP_Warning]: session_regenerate_id() [<a href='function.session-regenerate-id'>function.session-regenerate-id</a>]: Cannot regenerate session id - headers already sent in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/nccore/SessionExtra.class.php line 225
[PHP_Warning]: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/htdocs/index.php:68) in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/filter/Filter_SetConfig.class.php line 261