Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/htdocs/index.php on line 68

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/GlobalConfig.class.php on line 294

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/Controller.class.php on line 153

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/LogFactory.class.php on line 116

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/DIContainerFactory.class.php on line 76

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/DIContainer.class.php on line 184
そんな味方もたまにいる - かしわーど・柏ミニ文学賞

リンク集

◆オガコムジャパン・ホームページ
インターネットのオガコムジャパン
◆朝寝・朝酒・朝湯が大好きブログ
美味しいお酒と朝ごはん
◆完熟苺・くらもち観光農園のサイト
◆シンガーソングライター・とっとの日記
◆ツイッター・かしわーど公式アカウント
 
◆マヌエル洋平のブログ
◆柏SNS
柏SNS

本サイトは、国立情報学研究所が
提供しているNetCommonsを用
いて構築されています。
NetCommonsは国立情報学研究所
の登録商標です。
 
NetCommons 

携帯はこちらから

携帯はこちらから
 
携帯はこちらから
ご利用ください

ご来場者数

COUNTER290522

オンライン状況

オンラインユーザー24人
ログインユーザー0人

言語選択

言語の選択:
そんな味方もたまにいる (RegNo.0045)


タイトル:「そんな味方もたまにいる」
ジャンル:小説

柏駅、19時
 
 柏駅の中央改札を出たところで、右に曲がろうとした足を幼い手に止められた。
脇を振り向くと、小さい手がパーカーの裾をつかんでいるのが見えた。その腕をさかのぼると、ずいぶんと低い位置から自分を見上げている子供と目が合う。5,6歳くらいだろうか。良く言えば物怖じしない、悪く言えば小生意気そうな目をした少年だった。知り合いではない。
親は近くにいるのかを思ったのと、少年が口を動かしたのは同時だった。
「え、なに。」
両耳をふさいでいるイヤホンを外し、少しかがんで訊く姿勢をとると、少年は内緒話をするように耳を寄せる。両脇を人が流れていく。なにしろ平日の夜7時だ。
「あのさあ、ローズタウンって、どっち?」
「ローズタウン?」思い出すのには、少し時間がかかるワードだった。
「……いや、もう、ないよ?」
 正直に答えた瞬間、少年が泣きそうな顔をした。
「こないだ来たとき、おかしがいっぱい売ってたとこだよ」
 いつ来たんだ君。
だいたい、自分の記憶にさえおぼろげな名前だ。ローズタウンはステーションモールの前身だから、二十年は昔の呼び名のはずだ。
たしかに、今のステーションモールの入口、バーバリー・ブルーレーベルのあたりに、なんだか色とりどりのお菓子が詰められる店があったような記憶はある。もしかしたらハロウィーンか何かの時期イベントだったのかもしれないが、それすらはっきりしない。
 少年が、すこしいらだったようにまっすぐ私を睨み、繰り返した。
「ローズタウンで、おかし買ってもらうんだもん」
「あー、もしかして、おじいちゃんとかおばあちゃんとか、一緒?」
 ローズタウンと呼ぶのは、もしかしたら保護者かもしれない。それも年配の。
「ううん、あのね―――」
 そのとき、背後の改札から一気に人が溢れ出てきた。
「あ、こっちおいで」
 裾を握っていた手を掴んで、人波に流されそうになった少年をキヨスクのほうに引き寄せた、つもりだった。
「大丈夫……あれ?」
 振り向いた私の手には、色とりどりのキャラクター物の駄菓子が詰められ、緑のリボンで口を結ばれた袋がひとつ。オレンジ色の西洋カボチャの飾りもついている。
 子供向けの、好きな駄菓子が詰められるハロウィーン仕様のギフトだった。
でも私は詰めてない。

 中央改札の周囲をしばらく右往左往したが、結局少年の姿は見当たらなかったので、とりあえず菓子袋を手に下げたまま、私はあらためて東口に出た。
ペデストリアンデッキに出ると、いかにも秋らしい、襟を正させるような冷えを感じる。寒い
というほど厳しくない、涼しいというほどやさしくもない、頭が冴える空気だ。
民族衣装の人々が演奏している、澄んだアンデス音楽がこの冷涼な空気に合っている。
 友人の手書きの地図を広げたところで、久々に下車した柏駅の周辺地図の目印が、まったく知らない場所ばかりだと気づいた。
 しばらく地図を回しながら眺めてみたが、やっぱりいまひとつわからない。
 あきらめかけたところで、隣で欠伸をしていた老人に気づき、尋ねてみた。
「あの、すいません。ちょっと道を伺いたいんですが」
「いいよ。どこに行くの」
 即答なのには驚いた。よほど自信があるのか。
「この地図の、ここなんですけど」
「ああ、」
 こともなげに、老人が地図上に指をすべらせる。
「これが2番街ね。ISHIDO画材店の向かい、このドンキホーテっていうのは長崎屋だったとこ。新星堂の先に今はセブンがあるから、そこを」
 私の表情に気づいたのだろう、老人が言葉を止めた。
「何、どうしたの」
「いえ、あの、わかりやすくて助かります」
 知っていて当然とばかりに出してくる店は、私の馴染みのある場所ばかりだ。
「私、昔、イシドのあたりによく通ってたんで」
「ムカシ?君の、どれだけ昔?」
 老人が冷やかすように目を細めたが、悪意は感じられなかった。
「このへんによく来てたのは、10年ちょっと前です。十代、二十代はじめの頃でした」
「この街も、変わっただろ」
「はい」
「あんたも変わった?」
「え?」
 悪戯っぽい目で、老人がからからと笑いながら地図をよこした。

北柏駅、21時
 
 実家の最寄り駅である北柏駅で、北口のバスターミナルを出る。
 すでに行列のできているバス停に並ぶと、先頭の方には塾帰りらしい、似たようなカバンを背負った子供たちが固まって話し込んでいた。なんの話をしているのか、楽しそうに盛り上がっている。
 ひときわ笑い声が大きくなった時、自分のすぐ前で一人、ぽつんと立っていた少年が、唐突に私を振り仰いだ。痩せているわけでもないが、目の下の隈がひどいせいで、体調が悪いようにも無気力なようにも見えた。背は私の胸くらいまでしかない。
「ねえ、友達って、いる?」
 またも唐突な質問だったが、今度はそんなに迷わなかった。
「……うーん、今はほとんど、いないかも」
 少年が首を振る。
「ちがうよ。いる?いらない?」
「友達が、いるか、いらないか?」
 そう、と少年は先頭の子供たちを見つめて頷く。つられて私も視線をやる。
「……ムリはしなくても、大丈夫だと思うよ」
 天気や試験の話しかできない友達なら、いなくても平気だ。
「君が本当に好きな友達だったら、大事にすればいいよ」
 再び少年が私を振り返った。
「じゃあ、本当に好きな友達は、大事にしてる?」
「私?」
 思わず言葉に詰まったところに、目の前にバスがすべりこんできた。
 少年がぱっと身をひるがえす。
「あ、迎え、きた」
 列から抜けて駆け出した少年が、あっという間にバスの向こうに姿を消す。
 目の前に一人分、ぽっかりとあいたスキマは、詰めたらすぐになくなった。

バス停、21時半
 
 バスが去ってすぐに夜空を見上げると、星がはっきり見えた。
 同じ停留所で降りた人々が、三三五五に散っていく。
 澄んだ空気がやはり都内より冷たい。いい日和だなと思いながら家路についた矢先に、視界の隅にそれは入ってきた。
 街灯から遠い、明かりの届かない駐車場の真ん中で、天を見上げてぐるぐると回っている、学生服の少年。
「ねえ君、」
 今度は私から話しかけた。
「北極星を探してるの?」
 少年は回りながら答えた。
「あー、はい。北極星は、てっぺんから動かないから」
 だから上を向いて回ってみて、動かない星が北極星だと考えているのだ。
 正確には、北極星は『ほとんど動かない』だが、まあそんなに違わない。
「今、何年生?」
「高1です」
「2回目?」
「え、」少年が動きを止めた。急に止まって気分が悪くなったのか、こちらを振り向きながら胸元を押さえている。話しかけにくそうな雰囲気とは裏腹に、人懐っこい口調の少年だった。
 もう私にはわかっていた。
「留年したんでしょう?」
「しましたとも」
 すました顔で答えてから、はじめて怪訝そうな表情になる。
「……誰ですか?」
 ああ、そのまんまだ。
「で、来年、学校やめる気でしょう」
「はい」
 怖いものを知らない若さは、素直で、警戒心が足りない。
 非日常を待ち望んでいる瞳は、会話を面白がる表情を隠せていなかった。
「大検を受けて、留年した一年分を取り戻そうと思ってるよね」
「だってそうすれば、友達にも追いつけるから」
 説明は短かったが、反対や説得されることを拒む、硬い口調。
「それは君が決めることだもの、別に止めやしないよ。ただ」
 ああ、これを言いたかったんだ。そう思った。
「嘘はついちゃダメだよ」
「嘘?」
「そう。高校で留年して、退学したのが格好悪いからって、卒業したなんて見栄を張らないこと」
 いやなところを突かれたか、少年の表情がすこし険しくなる。
「……誰にですか?」
「これから友達になる人に、だよ」
 この先、彼がイシド画材店で出会うだろう、たくさんの友人たちに。
「君、中学受験をして、それなりのいい学校に入ったでしょ」
「ええ、まあ」
「だからかな、地元の友達ができて、昔の話になったときね、私はその学校を卒業してるって話してた。友達も、私を評価してくれてたと思う。大事な友達だったし、彼らにとっての私が、価値の高い人間なんだと思ってほしかった」
「え?誰の話ですか?なんか過去系っすね?」
 さっきまでの私同様、混乱しているようだったが、感想は素直だった。
 苦笑いしたのは、強がりだったのかもしれない。
「その大事な友達の前で、弟に「おまえなんか留年して、退学したくせに!」ってバラされてごらん。ものすごい気まずくなるから」
「あー」すこし想像できたのか、少年の表情が嫌そうに歪んだ。
「だからね、君が大事にしたいと思う人には、嘘はつかないで」
 嘘は矛盾を生む。それを隠そうとすれば、たいしたことではなかったはずの小さな嘘も、どんどん大きな嘘に連鎖する。
 そしてそれが発覚した時、信頼関係がもろくも崩れさり、相手の不信感と自分の罪悪感は距離を生む。
 思い出したくなかったが、思い出してよかったようにも思えた。
「じゃあね、それだけ」
 消え方がわからなかったので、普通に手を振って踵を返した。
「え、もう?どこか行くんですか。急いでなければ、」
「君に会って、思い出した。しし座流星群を観に行くよ」
「ひとりで?」
「今日はひとりでね」
「あーおれ、伊集院のラジオ聞かなきゃなんで、今日はダメなんですよねー」
 平日週5日、ラジオ中毒だった頃だ。10時以降に家から出る気はあるまい。
「いいよ。ありがとう」
 駐車場から出て、街灯の明るい道に戻って振り向くと、暗闇の中にはやっぱりもう、誰もいなかった。
 回っていた少年を思い出しながら、すこしだけ希望をこめた目で夜空を見上げる。
 十年前以上も前、深夜に散歩したり、一緒に星を観に出かけたりしていた友達の笑顔を思い出しながら、近いうちに手紙でも出そうかな、などと考える。
 片手に持ったままの菓子袋は、きっと当時の自分の、友達のためのプレゼントだ。
 だって私が選んだはずなのに、私の食べないマシュマロが入っているのだから。
 
 
作:一角 有希子
 
 
 
 
author: Yukiko ikkaku
registration No. 0045
application date: 31 October,2009
published date: 1 November,2009


新規登録 | サイトマップ | このサイトについて | 個人情報について
かしワード・柏ミニ文学賞実行委員会
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/DIContainerInitializerLocal.class.php line 42
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/ComponentLocatorFactory.class.php line 77
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/UniFactory.class.php line 167
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/UniFactory.class.php line 194
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/nccore/ActionExtraChain.class.php line 91
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/nccore/ActionExtraChain.class.php line 100
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/ActionChain.class.php line 140
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/ActionChain.class.php line 149
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/nccore/SmartyTemplate.class.php line 267
[Unknown_Condition_8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/core/FilterChain.class.php line 132
[PHP_Warning]: session_regenerate_id() [<a href='function.session-regenerate-id'>function.session-regenerate-id</a>]: Cannot regenerate session id - headers already sent in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/nccore/SessionExtra.class.php line 225
[PHP_Warning]: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/htdocs/index.php:68) in file /home/sites/heteml/users/h/i/r/hiroogas/web/kashiward/maple/filter/Filter_SetConfig.class.php line 261